気象庁:エルニーニョ現象が発生したとみられ冬まで持続の可能性大

気象庁の地球環境・海洋部は10日、 干ばつや集中豪雨など異常気象の原因とされるエルニーニョ現象が発 生したしたとみられ、今冬まで持続する可能性が高いとの見解を発表し た。

エルニーニョは太平洋赤道域の中央部から南米ペルー沖にかけて の海面の水温が平年より上昇する現象。水温が低下するラニーニャ現象 と同様に世界各地の気象にさまざまな影響を与えるとされている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE