ミネアポリス連銀総裁:金融規制改革案でも「不安定な」状況回避できず

米ミネアポリス連銀のスターン総裁 (64)は9日、オバマ米大統領の金融規制改革案について、「大き過ぎ てつぶせない」とみられる金融機関の問題に対処していないとし、金 融システムは「非常に不安定な状況」に脆弱(ぜいじゃく)なままだ と批判した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。