日経平均昨年7月来の8日続落、海運株安い-決算や都議選控え閑散

東京株式相場は、小幅ながら日 経平均株価が昨年7月以来となる8営業日続落。北米向けコンテナ船 運賃の値下げが一部で報じられた大手海運株が収益の先行き懸念で下 落、空運株も安かった。来週から米企業決算が本格化することなどで 様子見姿勢は強く、売買は低調、株価指数ももみ合いに終始した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。