債券相場は堅調、株安やデフレ懸念で-5年は3年10カ月ぶり低水準

債券相場は堅調(利回りは低下)。 朝方は売りが先行したが、最近の円高・株安傾向やデフレ懸念を背景に 買いが優勢となった。機関投資家の余剰資金が流入し、新発2年債と新 発5年債利回りは一時、ともに3年超ぶりの低水準をつけた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。