コーン副議長:FRBの独立性低下は金利上昇招く恐れ

米連邦準備制度理事会(FRB) のコーン副議長は9日、金融政策決定権限を持つFRBの独立性に対 する「著しい侵食行為」は投資家のインフレ懸念を増幅させ、長期金 利の上昇を誘発する可能性があるとの見解を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。