IMFが最低10の東欧諸国と融資で協議-独ハンデルスブラット

独紙ハンデルスブラットは9日、国 際通貨基金(IMF)が最低10の東欧諸国と融資計画について協議して いると伝えた。匿名のIMF当局者を引用している。同紙によると、 IMFに初回の融資を申請しているのはブルガリアとクロアチア、マケ ドニア。ウクライナとセルビア、ルーマニア、ベラルーシ、ラトビアは IMF融資の迅速化や既存の融資枠の拡大を求めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。