バフェット氏:失業率11%に悪化も、追加景気対策の必要も-CNBC

米著名投資家ウォーレン・バフェ ット氏はABC放送で放映されたインタビューで、米国の失業率は 11%に達する可能性があり、追加景気対策が必要かもしれないとの見 解を示した。米経済専門局CNBC(オンライン版)が9日伝えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。