ゴールドマンの報酬64%増も、トレーディング収入過去最高か-BOA

バンク・オブ・アメリカ(BO A)のアナリスト、ガイ・モスコウスキー氏は9日、米金融大手のゴ ールドマン・サックス・グループの今年のトレーディング収入が過去 最高だった2007年11月期を上回りそうな勢いだと指摘し、その場合、 今年の報酬を前年比で64%増やすことが可能になると試算した。

モスコウスキー氏は投資家向けのリポートで、ゴールドマンの 「リスクテークおよびリスク管理の能力は比類が無い。同業他社のリ スクテーク意欲が低下している現在の市場環境で、このような能力は たっぷりと報いられる」と指摘。また、「08年に比べ相当多い額の報 酬準備金を積み立てることになりそうだ。一方で、従業員数はほとん ど変わっていない」と書いている。

ゴールドマンは半年前、米財務省から100億ドル(約9280億円) の資本注入を受けた。起債にも政府の保証を利用していた。

モスコウスキー氏はゴールドマンの今年のトレーディング収入が 264億5000万ドルに達し、07年度の253億6000万ドルを上回ると予 想している。ゴールドマンは07年度にウォール街の歴史を塗り替える 好業績を上げた。

モスコウスキー氏はゴールドマンが総収入の44.2%を報酬と給付 の支払いに充てると想定し、今年の支払額が179億2000万ドルと、昨 年の109億ドルから増えると概算している。3月末時点の従業員数は 2万7898人だった。従業員数が変わらず、モスコウスキー氏の見積も りが正確だとすれば、従業員1人当たりの報酬は64万2447ドルとな る。

モスコウスキー氏はまた、ゴールドマン株の投資判断を「バイ (買い)」と従来の「ニュートラル(中立)」から引き上げた。09年 4-6月(第2四半期)の利益がアナリスト予想を上回ったとの見方 が理由。モスコウスキー氏は同四半期のゴールドマンの1株当たり利 益を3.90ドルと予想、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリス ト予想平均は3.52ドルとなっている。モスコウスキー氏はこの日、自 身の予想を2.92ドルから上方修正している。

モスコウスキー氏はリポートで、「ゴールドマン・サックスの収 入のうち、トレーディングや値付け業務から得ている割合は大きい」 と指摘した。また、「第2四半期は株式引き受け業務が過去最高を記 録することもあり得る」と記述している。

BOAはさらに、ゴールドマンの09、10年の通期利益予想を引き 上げるとともに、株価見通しを175ドル(従来予想は144ドル)に上 方修正した。8日の終値は138.55ドル。

ゴールドマンは今年から、会計年度を暦年に変更している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE