デュークFRB理事:金融システムはぜい弱、公的資金返済は慎重に

米連邦準備制度理事会(FRB) のデューク理事は9日、米景気は底入れしつつあるようだとの認識を 示した一方で、金融システムはなお弱く、公的資金援助を受けた金融 機関は資金返済の適切な時期を慎重に検討する必要があると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。