NY原油(午前):下落、5月以来初の60ドル割れ-需要減・供給増で

9日午前のニューヨーク原油先物 相場は下落。5月26日以来で初めて1バレル=60ドルを割り込んだ。 米エネルギー省が前日に発表した在庫統計が引き続き売り材料になっ ている。リセッション(景気後退)による需要減少を受け、石油製品 在庫が増加した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。