インド株(終了):小幅下落、ICICI銀安い-もみ合いの末

インド株式相場はもみ合いの末、 小幅安となった。国際通貨基金(IMF)がインドの経済成長率見通 しを引き上げた一方で、主要8カ国(G8)首脳は世界経済の回復が 引き続き不安定との見方を示した。

銅相場が昨年12月以来で最長の下げ局面から反発したことを受 け、銅生産でインド最大手のスターライト・インダストリーズは

2.3%上げた。国内2位の銀行、ICICI銀行は続落。G8首脳が 景気を支えるため資金供給の取り組みを続ける必要があると指摘した ことがきっかけ。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は、前日比11.69ポイ ント(0.1%)安の13757.46で引けた。取引時間中は前日終値を挟 んだ 方向感のない展開が続いた。構成銘柄では14銘柄が上昇、下 落は16銘柄だった。

スターライト(STLT IN)の終値は556.95ルピー。ICIC I銀(ICICIBC IN)は2.7%安の635.4ルピーとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE