NY原油時間外:7週ぶり安値から反発、61ドル台-売られ過ぎ感台頭

ニューヨーク原油先物相場はロン ドン時間9日午前の時間外取引で7週間ぶり安値から反発し、バレル 当たり61ドル台となった。今年最長の下落局面で、先月29日に付 けた高値から15%下落したのは売られ過ぎとの見方が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。