米リーマン:破たん処理担当弁護士らに顧問料約245億円支払う

米リーマン・ブラザーズ・ホール ディングスは、同社の破たん処理を担当した法律事務所などに対し、 9カ月間の顧問料として計2億6260万ドル(約245億円)を支払った。 米証券取引委員会(SEC)への資料で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。