ロンドン外為:円、対ドルで4カ月ぶり高値から下落-対ユーロも軟化

9日朝のロンドン外国為替市場で、 円がドルに対し約4カ月ぶり高値から下落。株価の上昇や、河村健夫 官房長官が相場の過度な変動は好ましくないと発言したと報じられた ことが材料視された。円は対ユーロでも軟化している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。