中央三井T、公的優先株の転換価格400円-政府筆頭株主の可能性

中央三井トラスト・ホールディング スは9日、公的資金として注入され、8月1日に一斉転換期限を迎える 優先株の転換価格を400円に決まったと発表した。政府の出資比率(議 決権ベース)は30.2%となり筆頭株主に浮上する可能性も出てきた。強 制転換されれば、新生銀行についで2例目となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。