英マン:4-6月の運用資産7.5%減-機関投資家の資金引き揚げで

上場しているヘッジファンド運用会 社で最大手の英マン・グループは9日、運用資産が2009年4-6月(第 1四半期)に減少したことを明らかにした。機関投資家による資金引 き揚げが影響した。

同社の発表資料によれば、6月末時点の運用資産は433億ドル(約 4兆380億円)と、3月末の468億ドルから7.5%減った。今年4-6 月期の投資家の資金引き揚げによる純流出額は14億ドル。運用資産が 過去最高の795億ドルに膨らんだ前年同期は、25億ドルの純流入だっ た。

ピーター・クラーク最高経営責任者(CEO)は資料で、「第1四 半期の機関投資家向けの販売は依然弱く、換金が多かった」と説明し た。マンによれば、同四半期の機関投資家の資金引き揚げによる純流 出額は33億ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE