中国ウルムチでの暴動、19歳の女性の叫びから始まった可能性-新華社

中国の新疆ウイグル自治区の区都 ウルムチで今週起きた暴動は、広東省の工場で働く19歳の漢民族の 女性が「意図せず発した叫び」がきっかけになった可能性があると、 同国国営の新華社通信が8日伝えた。暴動では少なくとも156人が死 亡、1000人余りが負傷した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。