千代田化工:サウジ向け重質油分解装置建設プロジェクトで契約

千代田化工建設は9日、韓国のサム ソン・エンジニアリングなどと共同で、サウジアラムコと仏トタール社 による合弁事業の製油所プロジェクトでの重質油分解装置の設計・調 達・建設業務について契約を結んだと発表した。同製油所の生産量は日 量40万バレルの計画という。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。