米国も襲ったサイバー攻撃は続く恐れ-韓国情報当局

韓国当局は、同国や米国のウェ ブサイトを襲ったサイバー攻撃の第三波に備え、インターネットセ キュリティーを強化している。同国の情報当局が明らかにした。攻 撃は8日に米国で政府のウェブサイトもまひさせたという。

韓国国家情報院(NIS)は9日、国家による「非常に組織立 った攻撃」の可能性があると発表した。国家の名前は挙げなかった。 韓国の通信社、聯合ニュースは8日、複数の議員の話を基に、NI Sが攻撃の背後に北朝鮮がいる可能性を疑っていると報じていた。

コンピューターセキュリティー会社アーンラブの広報担当者、 フワン・ミキュン氏は、今回の攻撃は韓国にとって2003年1月の ワーム型ウイルス「スラマー」以来で最悪だと述べた。同社のリポ ートによると、今回の攻撃に使われたコード(技術情報)は、早け ればソウル時間の9日午後6時に再開するようにプログラムされて いる。

NISは「攻撃は非常に組織立って綿密に計画された水準で、 機関や国家の関与を示唆する」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE