香港株(午前):4日続落、中国での新規融資急増で資産バブル懸念

午前の香港株式相場は4日続落。ハ ンセン指数の下げ局面としては、過去2週間で最長となりそうだ。不動 産株や銀行株が下げを主導している。6月の中国の新規融資が前年同月 のほぼ5倍に増加したと伝えられ、資産バブルや不良債権拡大への懸念 が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。