マンハッタンの集合住宅賃貸料、最大18%下落-雇用情勢悪化響く

マンハッタンの集合住宅賃貸料は 2009年4-6月(第2四半期)に前年同期比で最大18%下落した。 雇用情勢悪化で需要が抑えられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。