イマージュ株高値で売買高は上場来最高に、ネット通販注力し黒字化

通信販売が主力のイマージュホー ルディングス株が連騰。不採算だった店舗販売事業からの撤退が寄与、 7日に発表された第1四半期(3-5月)業績は営業損益段階から黒 字に転換しており、収益底入れを見込んだ買いが膨らんだ。

この日は一時21%高の275円まで上げ、2月3日に付けた年初 来高値(261円)を約5カ月ぶりに更新した。午前終了時点の売買高 は978万6100株と、1993年7月の上場以来最高を記録。同社株は 8日にストップ高(値幅制限の上限)水準で比例配分されていた。

イマージュHDの3-5月期連結最終損益は4億8400万円の黒 字と、前年同期の3億2200万円の赤字から改善した。売上高は同 23%減の55億2700万円と減少したが、赤字続きだった店舗販売事 業から撤退したことが貢献した。販売効率の高いインターネット通販 に注力したほか、化粧品販売では新商品の投入が効果を上げた。

7日には、通期(2010年2月期)業績予想の修正も発表。投資 有価証券売却益や役員退職慰労金返上などによる特別利益の増加で、 連結最終損益は4億5000万円の黒字になる見通し。従来予想は2億 5000万円の黒字、前期実績は28億1000万円の赤字だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE