米銀CIT:債券価格急落-トレーダーが破たんの可能性見込む

米債券市場で米銀CITグループ の債券価格は、まるで同社が破たんするかのように急落している。同 グループは100年の歴史を持ち95万社に融資する金融機関。

公的資金注入を受けるため、銀行持ち株会社に業態転換した昨年 12月以降、CITは投資適格級格付けを3つとも失った。

米連邦預金保険公社(FDIC)の暫定流動性保証プログラム(T LGP)を通じた政府保証付きの起債がCITに認められないのでは ないかとの懸念から、CIT債の利回りはデフォルト(債務不履行) 寸前と格付けされている証券と同水準になっている。CITは、来年 までに償還期限を迎える100億ドル(約9330億円)の債務の借り換え に向けTLGPを通じた起債を検討している。

CIT債を含む400億ドル相当の資産運用に携わるソーンバー グ・インベストメント・マネジメントのマネジングディレクター、ジ ェーソン・ブレイディ氏はCITについて、低コストで資金調達でき なければ「生き残れないだろう」と予想。「TLGPの活用が非常に遅 れているという事実は悪い兆候だ」と説明した。

資産額約760億ドルのCITが破たんした場合、米S&L(貯蓄・ 貸付組合)最大手ワシントン・ミューチュアルが昨年9月に当局に接 収されて以来の大型銀行破たんとなる。

ジェフリー・ピーク最高経営責任者(CEO)率いるCITは、 TLGP申請をめぐり当局と引き続き交渉していると表明。政府は深 刻な信用危機のさなか、米複合大手ゼネラル・エレクトリックや米自 動車・住宅金融会社GMACなどにFDIC保証債発行を認めてきた が、CITはこの1年余り社債市場を利用できていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE