米ブラックロック、最大50億ドル調達へ-官民投資プログラムで

米資産運用会社ブラックロックは、 金融機関が持つ最大400億ドルの不良資産を買い取る官民投資プロ グラム(PPIP)に基づき、投資家から計40億-50億ドル(約3700 億-4600億円)を調達する計画だ。

米財務省は8日、PPIPに参加する資産運用会社として、ブラ ックロックなど9社を選定した。9社にはそれぞれ、今後12週間以 内に投資家から最低5億ドルを調達することが義務づけられた。

債券ファンド最大手、米パシフィック・インベストメント・マネ ジメント(PIMCO)は同日、PPIPへの参加申請を先月取り下 げたと発表。同プログラムの「不確実性」を理由に挙げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE