信越化株が4カ月ぶりの安値、GSが投資判断を「中立」に引き下げ

半導体ウエハー世界首位の信越化学 工業の株価が5日続落、3月12日以来の安値を付けた。一時2.3%安 の4250円。ゴールドマン・サックス証券が8日付で投資判断を「買い」 から「中立」に引き下げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。