中国中銀の1年物証券入札再開、金融政策の調整を示唆-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、中国人民銀行(中央銀行)が1年物証券入札を8カ月ぶりに再 開することについて、「超緩和的な」金融政策スタンスを大幅ではない ものの後退させる方向に調整していることを示唆するものだとの見方 を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。