Bカメラ株が急落、PC販売落ち9カ月大幅減益-エコポイント見極め

家電量販店のビックカメラ株が4日 続落。個人消費の冷え込みを背景にパソコンやゲームなどの販売が落ち 込み、9カ月累計(2008年9月-09年5月)の連結利益水準が前年同 期比で大幅に減少した。通期計画の未達を懸念した売りに押され、前日 比6.7%安の3万5500円まで急落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。