アルゼンチン経済が悪化、格付けに下げ圧力の恐れ-S&P報告書

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)はアルゼンチンについて、高いインフレ率や国 際的な信用市場に復帰できないことなどから経済状況が悪化しており、 信用格付けへの圧力となる恐れがあるとの見解を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。