債券相場は小幅安、午後に長期や超長期債に売り-急激な金利低下警戒

債券相場は小幅安(利回りは上昇)。 前日の米債高や円高・株安を受けて買いが先行したが、午後に入ると最 近の急激な金利低下に対する警戒感が強まり、長期や超長期債を中心に 売りが増えて相場は下げに転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。