三菱東京UFJ債:スプレッド23-28bp、金融危機時の半減に

三菱東京UFJ銀行が9日に募集し た発行総額700億円の国内普通社債(SB)のスプレッド(金利上乗せ 幅)は、国債利回りに対して23から28ベーシスポイント(1bp=0.01% )で決まった。2008年秋のリーマン破たんの影響で大幅に拡大した水準 と比べ半分以下となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。