クレディS:日本株配分で景気敏感業種を下げ、ディフェンシブ上げ

クレディ・スイス証券は8日付 で、日本株のアセット・アロケーションを見直した。景気敏感セクタ ー全般を「オーバーウエート」から「マーケットウエート」へ引き下 げるとともに、ディフェンシブセクター全般を「オーバーウエート」 から「マーケットウエート」へ引き上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。