中央三井トラスト:国が筆頭株主に、公的資金返済延期で-読売

9日付の読売新聞朝刊は、中央三井 トラストホールディングが公的資金の返済を延期し、来月に優先株から 普通株に強制転換される見通しになったと報じた。これにより、国が約 3割を保有する筆頭株主になると記事は伝えている。情報源は示してい ない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。