ソロス氏:中国は世界のリセッション脱却に寄与-「プラスの力」

資産家ジョージ・ソロス氏は8日、 世界経済が現在の危機から脱却する上で、中国は成長に貢献する「プ ラスの力」になるとの見方を示した。

ソロス氏はブルームバーグラジオとのインタビューで「中国にと って、現在の危機は国外から波及しているものだ」と指摘。「中国は 国内景気を刺激できるし、外貨準備もあり、貿易黒字もある。世界経 済のけん引役の一角を担うだろう」と語った。

ソロス氏は現在、ヘッジファンド運用会社ソロス・ファンド・マ ネジメント(運用資産240億ドル)の日々の業務には携わっていな い。同氏は、過去25年間の成長率が繰り返されることはないとの見 方をこれまでに示している。

国際通貨基金(IMF)は8日、最新の世界経済見通しを発表し、 来年の世界の成長率見通しを2.5%と、4月時点の1.9%から上方修 正した。金融システムの安定化が背景。中国の来年の成長率見通しも

8.5%と、4月時点から1ポイント引き上げた。今年は7.5%と予測 している。

ソロス氏はまた、消費者と企業の信頼感向上だけでは現在の危機 を克服できないとも指摘。米銀はなお大量の不良資産を抱えており、 それが経済の重しになるとの認識を示した。

同氏は「現実の世界には、操作できない部分がある」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE