伊首相:世界的なリセッションは最悪期脱す、至るところで回復の兆候

イタリアのベルルスコーニ首相は、 同国で開かれた主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)で、世界的な リセッション(景気後退)が最悪期を脱し、「至るところで」景気回 復の兆候が見られると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。