伊首相:世界的なリセッションは最悪期脱す、至るところで回復の兆候

イタリアのベルルスコーニ首相は、 同国で開かれた主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)で、世界的な リセッション(景気後退)が最悪期を脱し、「至るところで」景気回 復の兆候が見られると述べた。

同首相は、主要8カ国(G8)が気候変動問題で途上国との合意 を目指すことで一致したと述べた。イタリアは同サミットの議長国。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Steve Scherer in Rome at +39-06-4520-6323 or sscherer@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andrew Davis at +39-06-4520-6324 or abdavis@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE