米国株:総じて下落、企業業績を懸念-ベライゾンが安い

米株式相場は総じて下落。4-6 月期の決算が失望を誘う内容になるとの懸念が広がった。取引終了間 際に財務省が金融機関から最大400億ドルの不良資産を買い取る計画 を明らかにしたが、相場は反転しなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。