IMF:中南米諸国の経済、今年は2.6%のマイナス成長に下方修正

国際通貨基金(IMF)は8日、 今年の中南米諸国の経済成長率見通しをマイナス2.6%とし、従来予 測の1.5%のマイナス成長から下方修正した。ただ、同地域の一次産 品に対する需要の高まりから、2010年にはプラス成長に転じるとの 予想を示した。

IMFは最新の経済成長見通しで、2010年についてはプラス

2.3%とし、これまでの1.6%のプラス成長から引き上げた。

IMFは報告で、「商品価格は市場センチメントの改善を背景に 力強く上昇。その範囲も広がりを見せている」と分析し、中南米諸国 は「商品価格の上昇から恩恵を受けている」と説明した。

この地域で2番目の経済大国、メキシコの今年の成長率はマイナ ス7.3%と予想されている。4月時点では3.7%のマイナス成長だっ た。ブラジルはマイナス1.3%で変わらず。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE