IMF世界経済成長見通し:来年は2.5%増へ上方修正

国際通貨基金(IMF)は8日、 世界経済見通しの改定値を発表、来年の世界経済成長率を2.5%と 4月時点の1.9%から上方修正した。金融システムの安定化に加え、 米国から日本に至るまで景気減速のペースが鈍化しているのが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。