グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は3日続落。指標のハンセン指数は2週間ぶり安 値で引けた。原油・金属安を受けて資源株が売られたほか、中国政府 が不動産投資向け融資を制限するとの観測から中国本土関連の不動産 と銀行株が安くなった。

中国の産銅最大手、江西銅業(358 HK)は1.9%安。石油生産 で国内最大手ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は2.3%下げた。 中国2位の銀行、中国建設銀行(939 HK)は0.9%安。不動産会社 の世茂房地産(813 HK)は2.9%の値下がり。

ベアリング・アセット・マネジメント(アジア)のマルチアセッ ト戦略責任者、キエム・ドゥ氏は「相場はほとんど調整なしで大幅に 上昇してきた。流されていた人々が少し現実的になり始めている」と 話した。一方で、「アジア企業の業績がしっかりしているので、今回 の調整が長引くことはないだろう」との見方を示した。

ハンセン指数は前日比141.20ポイント(0.8%)安の

17721.07と、6月23日以来の安値。3日間での下げは2.7%に達 した。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1%安の10573.71。

江西銅業は12.30香港ドル。ペトロチャイナは7.98香港ドル。 建設銀は5.68香港ドル。世茂房地産は14.54香港ドル。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が2営業日続落した。不動産 価格の上昇を抑えるため政府が貸し出しを規制するとの観測から銀行 株が値を下げた。

中国工商銀行(ICBC、601398 CH)と中国建設銀行 (601939 CH)の国内銀行上位2行は2%以上値下がりした。中国 紙、東方早報が6月の国内乗用車販売が前年同月比58%増加したと 報じたことを受け、上海汽車集団(600104 CH)が1.8%高となっ た。

華泰証券のバンキング・アナリスト、劉曉昶氏は「監督当局が不 動産市場での貸し出しを懸念しているとのうわさがある」と述べた上 で、「ここ最近の銀行株の上昇は力強く、こうしたうわさは投資家を 動揺させる」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比8.68ポイント(0.3%)安の

3080.77で終了。一時は2.5%安まで下げる場面があった。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落し、指標のセンセックス30種株価指数が 1カ月半ぶり安値を付けた。金属相場の下落を背景に資源株が下げた。 シャルマ商工相が同国の輸出が6月に29%落ち込んだことを明らか にしたことも材料視された。

インド最大の鉄鋼メーカー、タタ・スチールは8.6%安、銅生産 で国内最大手のスターライト・インダストリーズは8.2%下げた。シ ャルマ商工相が輸出落ち込みに伴い雇用が減少したと発言したことを 受け、国内2位の銀行、ICICI銀行は6%、不動産開発最大手の DLFは8%それぞれ下落した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は、前日比401.30ポ イント(2.8%)安の13769.15と、5月26日以来の安値で引けた。 年初来最高値からの下落率は10%以上となり、いわゆる調整局面入 りした。

タタ・スチール(TATA IN)の終値は362.50ルピー、スター ライト(STLT IN)は544.45ルピー。ICICI銀(ICICIBC IN)は653.10ルピー、DLF(DLFU IN)は283.70ルピーとな った。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比1.0ポイント高の3767.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比3.18ポイント(0.2%)安の

1431.02。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比47.08ポイント(0.7%)安の6668.14。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比12.49ポイント(0.6%)安の2259.77。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前日比0.89ポイント(0.1%)安 の1065.47。

【タイ株式市況】

SET指数は前営業日比7.61ポイント(1.3%)安の575.87。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比48.24ポイント(2.4%)高の

2083.25。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比9.77ポイント(0.4%)安の

2461.99。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE