ゴンサレスパラモ理事:ECBが企業に直接融資する必要性認めず

欧州中央銀行(ECB)のゴンサ レスパラモ理事は8日、ECBが市中銀行を通さずに企業に直接、融 資する必要性は認められないと述べた。

同理事はマドリードで記者団に対し、企業向け融資について「現 時点でECBはそのような措置が必要と判断していない」とし、「現 在実施中の措置を続けることが必要だ」と言明。現行の措置は物価安 定と市中銀行の十分な流動性を確保することに向けたものだと説明し た。

ゴンサレスパラモ理事はさらに、デフレはECBの中心的なシナ リオには含まれていないとし、2010年7-12月(下期)にはユー ロ圏経済で再びプラス成長が始まるとの見通しを示した。

同理事は「来年の半ばまたは下期に、一部の国がプラスの成長率 を回復するだろう。ただ、今はまだ大きな不透明感がこのシナリオを 取り巻いている」と付け加えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Emma Rossthomas in Madrid at +34-91-700-9674 or erossthomas@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Matthew Brockett at +49-69-92041-224 or mbrockett1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE