ECBドラギ氏:カバード債購入は与信の流れを円滑にするのが目的

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、イタリア銀行(中央銀行)のドラギ総裁は8日、ECB による600億ユーロ(約7兆8700億円)規模のカバード債購入計画 について、銀行や企業を取り巻く信用状況を緩和するとともに、市中 銀行による顧客向け融資の維持と増加を促進することが主目的だと表 明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。