JR西日本:山崎社長が辞任を表明-列車脱線事故で地検が起訴

西日本旅客鉄道(JR西日本)の 山崎正夫社長は8日、本社で記者会見して辞任を表明した。福知山線で 2005年4月25日に発生した列車脱線事故をめぐり、神戸地検から業 務上過失致死傷罪で起訴する旨の連絡を同日、受けたとした上で、「こ の判断を真摯(しんし)に受け止めたい」と述べ、「社長を辞すことと した」と語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。