中国の胡錦濤国家主席がサミット欠席、新疆の暴動で

中国の胡錦濤国家主席は新疆ウイグ ル自治区で少なくとも156人が死亡する大規模な暴動が起きたため、 イタリアで開催される主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)出席を とりやめ、帰国することとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。