米アパート空室率:22年ぶり高水準、失業増で需要減少-レイス調査

米国の4-6月(第2四半期)の アパート空室率は失業者増加による賃借需要減退や賃貸物件の供給増 を背景に、22年ぶりの高水準に達した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。