欧州委:ラトビアはより大規模な救済策必要とせず-経常収支改善で

欧州連合(EU)の行政執行機関 である欧州委員会は、ラトビアが今後さらに大規模な救済策を必要と することはないとの見解を明らかにした。EU域内で最悪のリセッシ ョン(景気後退)が内需に打撃を与え、これが対外的な資金ギャップ の穴埋めに役立つとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。