ゴールドマン、次は日本の「チャインドネシア」関連株に投資機会

中長期的には中国、インド、インド ネシアの内需拡大の恩恵を受ける日本企業に投資機会がある――。BR ICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)など数々の造語を生み出し てきたゴールドマン・サックス・グループは8日、「チャインドネシ ア」関連株に注目するとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。