三井物株がプラス圏に浮上、一時2.1%高-加社からリチウム大量調達

三井物産の株価が反発、一時2.1% 高の1092円を付けた。1.5%安で取引開始したものの、午前10時ごろか らプラス圏への切り返しが鮮明となった。同社は8日、カナダの資源開 発会社カナダリチウムコープから日本、中国、韓国でのリチウム販売の 独占マーケティング権を得たと発表した。また、みずほ証券は7日付で 同社の投資判断を「ホールド」から「強い買い」に引き上げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。