住江織株が年初来高値、コスト圧縮で前期は営業黒字確保-売買膨らむ

インテリア繊維製品や自動車内装品 の製造・販売を手掛ける住江織物の株価が急騰し、年初来高値を更新。 自動車関連の受注低迷が続く中、人件費などのコスト圧縮効果により、 前期(2009年5月期)の連結営業損益は一転黒字を確保したもよう。 リストラ策の進展、業況好転を評価する買いが膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。