ソーラー屋根の特需期待で三晃金株が急反発、学校で太陽光発電報道

金属屋根大手の三晃金属工業の株価 が急反発。一時は前日比9.7%高の384円と6月11日(11%高)以来、 約1カ月ぶりの上昇率を記録した。政府・与党が全国の公立小中学校、 約3万2000校で太陽光発電を導入する方針を固めた、との報道があっ た。同社は屋根材と一体となった太陽光発電システムを手掛けており、 特需の恩恵を受けるとみられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。