お得セットと100円台メニュー効果でサイゼリヤ株反発、売上回復

低価格イタリア料理チェーンを 展開するサイゼリヤの株価が一時前日比4.4%高の1462円と急反発。 セットメニューの導入や、一皿100円台からのサイドメニュー充実 などが効果を上げ、既存店売上高が4月以降、回復傾向にある。客単 価上昇で利益率も改善し、足元の業績好調を評価した買いが優勢だ。

同社が7日に発表した第3四半期(2008年9月-09年5月)の 連結営業利益は前年同期比7.1%増の46億3900万円。4月の既存 店売上高が前年同月比1.9%増と7カ月ぶりに前年を上回り、5月に は4.9%増まで回復。売り上げの増加や円高を要因として、3-5月 の粗利益率は前年同期比1.1ポイント高の66.7%に改善した。

同社の柴田良平取締役によると、「客単価を上昇させる商品政策 の取り組みが徐々に実を結んでいる」という。ライスとスープのセッ ト280円、ライスとスープ、サラダのセット390円などのセットメ ニューを始めたほか、ほうれん草のソテー189円などのサイドメニュ ーも増やし、購入点数の増加につながっているそうだ。5月の客単価 は前年同月から1.2%上昇した。

「黄金伝説。」加わり6月の既存店12%増

6月にテレビ番組「いきなり!黄金伝説。」で同社の店舗が取り 上げられた効果も加わり、6月の既存店売上高は前年同月比12%増 まで回復、客単価は同2.7%高くなった。

三菱UFJ証券の新井勝己アナリストは8日付リポートで、「テ レビによる既存店売り上げの押し上げ効果は来期も続く」とし、目標 株価を1200円から1600円へ引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE