住宅ローンの条件見直し進まず、証券化は抑制要因でない-FRB調査

米連邦準備制度理事会(FRB) の調査員らは、住宅ローンの借り手支援を目的とした延滞ローンの条 件見直しが「ごく一部」にとどまっていることについて、住宅ローン の証券化が要因ではないと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。